薬剤師転職サイト サポート

薬剤師として働きながらでも転職は可能

働きながらでもメリットだらけの薬剤師求人サイト
働きながらでもメリットだらけの薬剤師求人サイト 薬剤師求人サイトを利用しての仕事探しは、通常の求人サイトや求人誌を利用しての仕事探しに比べメリットとなる部分があります。その中の一つが、非公開求人を多く持っているという点です。非公開求人は、企業が即戦力となる人材を欲しい場合に行うのがほとんどのため、通常の求人情報で公開されている求人よりも待遇が良いのが特徴です。しかも、非公開求人の数は公開されている求人の数よりもずっと多くあるので、自分にぴったりと合った仕事を見つけることも可能です。

 

 また、専任のコンサルタントの方がついてくれるというのもメリットといえます。転職活動を行う際、現状の仕事とのバランスを上手く保つというのはそう簡単なことではありません。けれど、専任のコンサルタントが付いてくれることで、面接の日時の調整から、企業側との交渉まで行ってくれます。そのため、現状の仕事に集中しながら転職活動を行えます。

 

 また、無事に転職を行った後のサポートも行ってくれるので、転職後の悩みなどもストレスとして溜めることなく解消することが出来ます。そして、こうした便利なサイトながらも無料で利用出来るので、薬剤師の転職の際には活用しないと損をするといっても過言ではありません。今では多くの薬剤師求人サイトがあり、どのサイトが自分に合うのだろうと悩んでしまった場合には、薬剤師求人サイトの比較サイトなどを利用して、そのサイトの特徴を調べてから利用すると、より便利に活用出来ます。

 

周囲にバレない薬剤師の転職活動の方法とは

薬剤師転職サイトなら周囲に気づかれないで転職活動ができる!

周囲にバレない薬剤師の転職活動の方法とは

 薬剤師の転職を考えている場合、以前はハローワークにこまめに足を運び情報をゲットする方法が主流でしたが、実はこれだと自分が転職を考えていることが周囲にばれてしまいます。転職を考えている=今の職場に不満があるということですから、ばれてしまうとそこに居づらくなってしまうことでしょう。そこで、周囲にばれない薬剤師の転職活動としておすすめなのが、転職サイトの活用です。

 

 薬剤師の転職サイトは、会員登録をすると条件の良い非公開求人を見ることができます。しかも、複数の転職サイトを活用するとより多くの求人情報を入手することが可能です。転職サイトはスマホやパソコンで利用できるので、周囲の人に転職活動をしていることはばれません。こっそりと次の職場を探すことができるでしょう。

 

 ただしここで気を付けたいのが、転職サイトとのやり取りで、職場に電話をかけてくることを希望しないようにすることです。転職サイト側は、早めに転職活動を成功させてくれようとして、良い情報があった時に頻繁に連絡をしてくることがあります。それはそれでありがたいのですが、職場に電話をしてこられると、そのことで転職を考えているのでは?と周囲に疑われる可能性もあるのです。転職サイトを利用するときに、職場への連絡はやめてほしいときちんと伝えましょう。万が一、それを破るような転職サイトであれば、その利用は控えたほうが無難です。転職サイトとの信頼関係を築くことも、成功への近道だといえるのです。

 

転職回数の多い薬剤師が注意すべき点とは

転職回数が多い理由を整理しておくと良い!

転職回数の多い薬剤師が注意すべき点とは

 転職を考える際、自身の転職回数を気にする方は多いです。一般的に、薬剤師は医療系の職業の中でも転職回数の多い仕事だと言われています。それは人材不足ゆえに需要が多いという点などが理由としてあげられます。だからといって転職回数が多くても大丈夫かと言われれば、安易に考えないほうが良いと言えるでしょう。

 

 実際、その他の業界同様、転職回数の多い薬剤師は書類や面接などで良くない印象を雇用側に与えてしまいます。雇用側としては、長期間働いてくれる人材を求めている場合がほとんどであり、それを重要なポイントとして採用を行っています。そのため、転職回数の多さは「すぐ辞めてしまうかもしれない人」というネガティブな印象を与えることにつながってしまいます。そのため、転職回数が3回を超えている場合は、印象がマイナスからスタートしているということをしっかりと自覚しておく必要があります。

 

 転職回数が多い薬剤師が転職を成功させるためには、以下にマイナス評価をプラスに持っていくかということが重要になります。過去の転職が引っ越しや結婚など、生活スタイルの変化によって生じたことならば、その点はしっかりと説明して仕方がないことと先方に認識してもらいましょう。そして、転職理由を明確にし、雇用先の企業に転職できたら自分が何をできるかということを積極的に売り込むことが大切です。その際、前の職場の不満を言わないように注意しましょう。たとえそれが正当な理由であったとしても、ネガティブな発言は自身のマイナス評価に繋がります。

page top