薬剤師としての退職時の手続きについて

薬剤師求人・転職サイト比較ランキング > 薬剤師の退職の手順について

まずは退職の見通しを立てましょう

薬剤師として、現在の職場を円滑に退職する手順について

 薬剤師として転職を目論む人が増えているようです。ドラッグストアや調剤薬局、地方自治体などで薬剤師の求人が急激に増え、待遇面でも向上が期待できると考える方が多いようです。また気分を新たにし、新規出店の薬剤師として一から基礎を作りたいと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。 先の事を考えることも大切ですが、今いつ職場から退職をしなければ、新しい職場に就くことが難しくなります。

 おおむね3か月~1か月前には退職の意向を上司に伝えましょう。就業規則に則って退職の手続きを行います。退職届の提出や社会保険(国民健康保険)・厚生年金などの手続きを行い、退職日までには離職票を必ずもらいましょう。離職票がないと、転職先に入社できない場合もあります。保守義務・業務上の兼ね合いで希望日に即辞めることができない場合もあるようです。退職日・入社日の調整などもできるだけ迅速に行いましょう。入社日に関しては、転職エージェントを通している場合は、キャリアカウンセラーが調整・交渉を行ってくれる場合もあります。現在の職場での仕事内容によっては退職できる見通しが立たないという場合にも、転職エージェントに頼ってみることも一案です。できるだけ円満退職できるように、あなた自身も最大限の努力は必要です。

 退職の手順に関しては、現職場の庶務・福利厚生担当者に質問することがよいでしょう。また、薬剤師として地方自治体や国に名義の届け出をしている場合は、抹消や登録変更の手続きを必ず行い、名義が残ったままで退職しないようにしましょう。

Copyright(c) 薬剤師求人・転職サイト比較ランキング All Rights Reserved.