面接で好印象を与える職務経歴書とは?

薬剤師求人・転職サイト比較ランキング > 職務経歴書の重要性について

職務経歴書は面接で重要視されます

薬剤師の転職試験における職務経歴書の重要性について

 面接の場所は、自己アピールをする場所であるといわれています。新卒採用の場合は「人となり」を重視するための面接だと言われていますが、転職の場合は、それ以上に「スキル・キャリア・なぜ今転職先としてわが社を選んだのか」などが問われる場です。受け答えの仕方によっては、どんどん掘り下げられた質問を投げかけられ、答えに窮することにもなりかねませんので、相手にその隙を見せないことがポイントです。答えに窮する質問、自分に都合の悪い返答に質問内容を持ち込まれては、面接失敗の結果になりかねますので、できるだけ転職エージェントと面接特訓をされることをおすすめします。

 面接で好印象を与えるためには、興味を持ってもらえる職務経歴書を作成することがカギとなります。魅力あるコンテンツ作りができれば、質問内容も職務経歴書中心に持っていくことができます。一番興味を引きやすい内容としては「職場の業務改善にどのように取り組んできたか」という内容です。商品名としてさまざまな名前がある医薬品を間違えないようにする工夫や、医師からの処方薬の指示を間違わないようにするための取り組み、チームワーク向上のために取り組んできたこと等をレポートにまとめると、興味を持って読んでもらえる可能性が高くなります。 また、適度な緊張はもちろん必要ですが、転職の場合にはコミュニケーションスキルも必要です。にこやかに受け答えができるか、フランクな質問にもひるまず答えられるかなどでも、好印象を与えることができます。

Copyright(c) 薬剤師求人・転職サイト比較ランキング All Rights Reserved.