薬剤師転職事情に関する現状について解説

薬剤師求人・転職サイト比較ランキング > 薬剤師の人材確保は難しいという現状について

薬剤師の求人の現状について着目しました

 世間ではだんだんと一般求人でも人材確保が難しくなってきており、ハローワークでの求職者は昨年と比べ減少してきています。利用者の人数を見ても顕著にわかるぐらい、昨年の様な混雑さは無くなっています。また特徴的な変化として、非正規社員の求人が減少し、正規社員の求人が増加してきています。これは政府の後押しもあり、企業の業績が上向きになり人材確保が急務になってきたためです。企業と求職者との力関係に変化が生じ、求職者は長期雇用の正規雇用での求人にしか目を向けなくなってきたのです。そういう中で、求人が難しいとされている薬剤師求人は更にハードルが高くなってきています。

 先ず通常の採用活動では、薬剤師の採用は達成できないため、大学の就職課や教授との関係を強化するしかないようです。求人内容が余程好条件であれば別ですが、提示できる条件もほとんど世間相場となると最終決め手は、薬科大学との関係が必要です。

 例に挙げると、6年制の薬科大学を卒業し就職する際、就職先の決め手は教授の推薦があったためだと言います。毎年定期的に卒業生が就職する企業だと、企業の情報を入手することができ、学生にも実情を伝えやすく安心して就職ができるからです。大学の先輩が既に就職して勤務しているため、何かと職場での就業環境は良いと期待できます。大学との関係が強いと、企業に対して学生の意思をしっかり伝えることができ、就職しても薬剤に関する研究や能力の向上を図れるため、それを期待して就職を決意するようです。採用する企業は、給与を高くするだけでなく、人材の教育制度にも力を入れアピールしていかなければ、絶対に薬剤師の求人では良い結果につながらないようです。というのが新卒の採用の現状ですので、実際再就職先、転職を探すには転職サイトを活用する薬剤師が増えているようです。

Copyright(c) 薬剤師求人・転職サイト比較ランキング All Rights Reserved.